Task Committee on Application to Performance-based Design of Structures

Japanese | English
トップペ−ジ
お知らせ
設立趣意
活動内容
委員名簿
スケジュ−ル
小委員会の記録
トピックス

Task Committee on Application to Performance-based Design of Structures

構造物の性能設計における応用技術研究小委員会

Welcome to our Task Committee

設立趣意

  近年、土木構造設計法の性能設計体系への移行が進んでおり、従来の設計法では個別に培われていた最適技法および信頼性解析技法を応用し、性能照査型設計体系の各意思決定問題、構造物の性能評価へ適用しようとする試みがなされている。
具体的には、
@市民との対話に有用な性能表現手法
A言語表現化された性能と設計技術者へ与える具体的数値目標性能との整合性
B多様な代替案を掲示するための、最適な解の迅速な掲示方法
C構造物のライフサイクルでの不確実性を考慮した性能評価
などが研究されている。
 しかしながら、これまでの成果の内容を考えると、どちらかというと意思決定の理論的な考え方や言語表現された性能の整理など抽象的な研究が多く、具体的な土木構造物への適用性の検討という点では十分とは言えない。そこで、本委員会は、現在の社会基盤整備における性能設計手法の現状を分析するとともに、より一層の推進、普及を目的とする。

 発足当初は,社会基盤整備の各分野間の情報交換や土木以外の分野の動向調査を主体とした勉強会を中心として進め,その後、 橋梁構造物および風力発電用鉄塔構造物等の具体的構造物を対象とし、それらの実用的性能設計手法ならびに設計技術についてワーキンググループを設置して活動を進める。 .

What's New 更新情報について

Topics トピックス.

WG1(性能設計ツール、性能設計手法、照査技法)  WG1では、性能設計を行う際に役に立つ性能設計ツ−ルの調査、研究、開発を行うとともに、性能設計手法の提案を行います。
 さらに、性能を照査する技法についても調査、研究を行います。

WG2(合意形成、PI等)  WG2では、合意形成のための手法の提案や、合意形成のためのPIの事例等について、調査、研究を行います。

WG3(一般的な土木構造物の性能設計)  WG3では、一般的な土木構造物を対象に、性能設計手法の適用可能性の検討や、具体的な事例への適用について研究を行います。

WG4(風力発電用鉄塔構造物の性能設計)  風力発電用鉄塔構造物は、日本でも数多く建設されるようになりました。しかし、これらの建設基準は、JEC(日本電気学会)の送電用鉄塔の基準を援用して使っているもので、数多くの問題点を含んでいます。
 本WGでは、
@設計での風荷重の設定、
A塔の設計、
B塔と基礎の接合部の設計、
Cアンカーの定着の設計、
D基礎体の設計、
E基礎の安定の設計
に性能設計を導入し、経済的な性能設計手法を 提案します。

About Us | Site Map | Contact Us

このホ−ムペ−ジは、構造物の性能設計における応用技術研究小委員会の公式ホ−ムペ−ジです。
このペ−ジに関するご質問等は、HP管理者へお寄せ下さい。

If you have any questions and comments, please contact us.

Copyright(C) 2004 Task Committee on Application to Performance-based Design of Structures
All rights reserved.